世界のスーパーコンピュータとそれを動かす人々


3月 1, 2018

【東京大学医科学研究所】S5 世代スーパーコンピュータシステム 【資料締切 4/11】

HPCwire Japan

機関名

東京大学医科学研究所

件名

S5 世代スーパーコンピュータシステム

調達方式

借入

借入時期

平成31年度4月以降

これまでの流れ

手続き 公示日 説明会開催日 締切日
入札
意見招請
資料招請 2018/3/1 2018/3/15 13:00
東京大学医科学研究所総合研究棟8階セミナー室
2018/4/11 17:00

 

主な仕様

A 本システムには、現在運用中のシステムSHIROKANEと密に連携することを求める。本システムは、大規模メモリ型サーバ1式、分散メモリ型サーバ1式、GPU搭載サーバ1式、 Webサーバ1式、DBサーバ1 式、大容量共有ストレージ装置1式、および複数台のワークステーションから構成され、高速ネットワークシステムにより一体化したシステム運用が可能であること
B 大規模メモリ型サーバは、1ノード当たり48個以上のCPUコア、2TB以上の主記憶容量 を有し、全体で2ノード以上を有すること
C 分散メモリ型サーバは、1ノード当たり36個以上のCPUコアおよび192GB以上の主記憶容量を有し、全体で280ノード以上を有すること
D GPU 搭載サーバは、1ノード当たり28個以上のCPUコア、20TFLOPS以上のGPUおよび256GB以上の主記憶容量を有し、全体で20ノード以上を有すること
E Webサーバは、1ノード当たり24個以上のCPUコアおよび128GB以上の主記憶容量を有し、全体で2ノード以上を有すること
F DBサーバは、1ノード当たり24個以上のCPUコア、128GB以上の主記憶容量およびRAID6構成時で100TB以上の内蔵ハードディスクを有し、全体で2ノード以上を有すること
G 大容量共有ストレージ装置は、実効容量10PB以上を有する共有ファイルシステムであり、本システムおよび SHIROKANEのすべてのサーバからアクセス可能なこと。また、S3互換があり、S3プロトコルでもアクセス可能な機能を有すること
H 大規模メモリ型サーバ、分散メモリ型サーバ、GPU搭載サーバ、Webサーバ、DBサーバは、SHIROKANEのアーカイブディスクおよび高速ディスクアレイ装置に接続すること
I 高速ネットワークシステムは各サーバを100Gbps以上の通信性能で接続できること。また、SHIROKANEの高速ネットワークシステムと接続すること
J 本システムは、150kW以内の電力であること
K 稼働維持・支援業務を行うこと
L Shirokane3で延長した機器および冷却設備の稼働維持・支援業務を行うこと
M Shirokane4の運用終了に対応し、現ソフトウェア資産の移植などの本システムへの移行性について十分な配慮を行うこと

現在のシステムについて

S4 世代スーパーコンピュータシステム

システム SHIROKANE
主契約者 式会社日立製作所
契約金額 (月額)25,056,000円
調達方式 借入
落札日 H28/11/7
備考 借入期間:平成29年4月1日から平成33年3月31日

関連リンク

東京大学医科学研究所スーパーコンピュータシステム