世界のスーパーコンピュータとそれを動かす人々



  1. Facebook

  2. Twitter


ニュース記事

富士通、理化学研究所向けに国内最大規模のAI研究専用システム 「ディープラーニング解析システム」を受注

3月 6, 2017 |

富士通は、国立研究開発法人理化学研究所より、人工知能研究専用のスーパーコンピュータとしては稼働時点において国内最大規模となる「ディープラーニング解析システム」を受注したと発表した。本システムは、2017年4月に稼働する予 Read more…

理研、より早くて正確なゲリラ豪雨予測のサービス化を目指し、共同研究を開始

3月 2, 2017 |

(株)エムティーアイと理化学研究所は、3月1日(水)よりエムティーアイが運営するゲリラ豪雨検知アプリ『3D雨雲ウォッチ~フェーズドアレイレーダ~』での局地的大雨(ゲリラ豪雨)予測の共同研究を開始すると発表した。本共同研究 Read more…

住友ゴム、「京」を活用した新材料開発技術「ADVANCED 4D NANO DESIGN」で欧州の「Tire Technology Expo 2017」で「Tire Technology of the Year」を受賞

2月 20, 2017 |

住友ゴム工業の新材料開発技術「ADVANCED 4D NANO DESIGN」が、2月14日(火)から16日(木)にドイツ・ハノーバーで開催された「Tire Technology Expo 2017」において、「Tire Read more…

DDN、東京工業大学とスーパーコンピュータ「TSUBAME3.0」の研究開発で協業 ー人工知能(AI)やビッグデータにおける先進的なインフラストラクチャの構築を実現ー

2月 20, 2017 |

株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパンはは2月17日、東京工業大学が新たなスーパーコンピューティングシステムTSUBAME3.0のストレージインフラストラクチャの戦略的プロバイダとしてDDNを選択したことを発 Read more…

東工大のスパコンTSUBAME3.0が今夏稼働開始

2月 17, 2017 |

東京工業大学学術国際情報センターの次世代スパコン「TSUBAME3.0*1」が今夏稼動に向けて開発・構築を開始する。TSUBAME3.0の理論演算性能は16bitの半精度*2以上で47.2ペタフロップスで、TSUBAME Read more…

理研と東京電力、水力発電用ダムの運用高度化に向けた共同研究を開始

2月 15, 2017 |

東京電力ホールディングス株式会社と理化学研究所は、ダム下流域の安全性を確保しながら水力発電用ダムの運用高度化を目指す共同研究に関する契約を締結したと発表した。 東京電力HDは、163カ所に最大出力986万kWに相当する水 Read more…

Mont-BlancプロジェクトがARMベースのHPCプラットフォームとしてCaviumを選定

1月 16, 2017 |

バルセロナ、スペイン 1月16日 – Mont-Blanヨーロッパ・プロジェクトは新しいハイパフォーマンス・コンピューティングのプロトタイプとしてCavium社のThunder X2 ARMサーバプロセッサを Read more…

極地研、北極の気象観測で日本の寒波予測の精度を向上

12月 27, 2016 |

国立極地研究所の佐藤和敏特任研究員、猪上淳准教授、海洋研究開発機構の山崎哲研究員を中心とする国際研究グループは、2015年2月の日本と北米東岸をそれぞれ襲った寒波の事例について調べた。その結果、北極海周辺の高層気象観測の Read more…

筑波大学 計算科学研究センター 平成29年度学際共同利用の公募を開始

12月 27, 2016 |

筑波大学計算科学研究センターは平成29年度の学際共同利用の公募を開始した。 — ソース:筑波大学計算科学研究センター

MSC、熱流体シミュレーションのソフトウェアクレイドルをグループ企業に

12月 21, 2016 |

エムエスシーソフトウェア株式会社と日本の熱流体シミュレーションのリーディングカンパニーである株式会社ソフトウェアクレイドルは、MSC Software Corporationがソフトウェアクレイドルの株式のすべてを201 Read more…