世界のスーパーコンピュータとそれを動かす人々


11月 17, 2019

AMD Romeプロセッサ:アーキテクチャとHPCにおける初期性能評価

HPCwire Japan

Version
Download 11
Total Views 144
Stock
File Size 1.38 MB
File Type pdf
Create Date 2019/11/17
Last Updated 2019/11/19
個人情報の取り扱いについて

こちらでご入力頂く個人情報は株式会社イー・マーケティングスおよびDell Technologies, Inc. およびその世界中の子会社に提供されます。Dell Technologies, Incの個人情報保護に関してはこちらをご参照ください。https://www.dell.com/learn/jp/ja/jpcorp1/policies-privacy?c=jp&l=ja&s=corp

今日のHPCの世界では、コードネームRome と呼ばれるAMDの最新の世代である第2世代EPYCプロセッサーの紹介の必要はないでしょう。過去数か月間、私達はHPC・AIイノベーションラボでRomeベースのシステムの評価しており、Dell Technologies社はこのプロセッサー・アーキテクチャをサポートするサーバーを最近発表しました。 Romeシリーズのこの最初のブログでは、Romeプロセッサー・アーキテクチャについて説明し、HPC性能のためにどのように調整するか説明し、初のマイクロベンチマークパフォーマンスを提示します。 後続のブログでは、CFD、CAE、分子動力学、気象シミュレーション、およびその他のアプリケーションのドメイン全体のアプリケーションパフォーマンスについて説明します。