世界のスーパーコンピュータとそれを動かす人々


研究機関

富岳vs.COVID-19:世界トップのスーパーコンピュータは、私たちの新しい常識をどのように作っているのか

12月 16, 2020 |

Oliver Peckham 富岳は現在、公開ランキングにおいて世界で最もパワフルなスーパーコンピュータだが、まだ開放はされていない。理化学研究所(理研)にあるこのスーパーコンピュータは、2021年にオンラインになる予定 Read more…

国防総省のチップパッケージ化を後押しするIntelの進歩

11月 24, 2020 |

George Leopold チップレットのような複雑な半導体デバイスを単一のパッケージに統合するための新しい能力を開発することは、米国のチップ製造業を復活させる一つの方法と考えられている。最近の資金提供の提案は、数十年 Read more…

Summit、前例のない気象シミュレーションを実現

10月 12, 2020 |

Oliver Peckham 気象・気候シミュレーションは、多くの場合、広範囲の気まぐれで相互依存的な変数を広い地理的領域にわたって統合する必要があり、非常に難しいものである。その結果、これらのシミュレーションのほとんど Read more…

Summit、シミュレーションでデトネーションエンジンの開発を支援

10月 7, 2020 |

Oliver Peckham 1950年代、James Arthur Nichollsはロケット用の新しいエンジン設計を提案した。爆発(燃料の燃焼)によってロケットを推進するのではなく、衝撃波を発生させて燃焼させて圧力を Read more…

Oracle Cloud Infrastructureによる富岳のストレージ強化で、IO500を獲得

9月 7, 2020 |

Oliver Peckham 6月、理化学研究所は、富士通製のArmをベースにした巨大勢力「富岳」を発表し、スパコン界を震撼させた。このシステムの性能は415.5 Linpackペタフロップスで、最新の世界で最も強力なス Read more…

ムーアの法則の復活?LBNLの研究者が見るヘテロ構造酸化物の将来

7月 22, 2020 |

John Russell ムーアの法則の衰退の現実は、実証的な理由からもはや疑われていない。とはいえ、決して言われることはないのだ。ローレンス・バークレー国立研究所の研究者たちによる最近の研究では、ヘテロ構造酸化物が、微 Read more…

数年に渡るスーパーコンピュータを活用した研究でミュー粒子の謎を解明

5月 29, 2020 |

Oliver Peckham ミュー粒子(電子に似た素粒子)は、宇宙に対する理解に関わる謎の中心となっている。数十年前、ブルックヘブン国立研究所で行われたミュー粒子測定は、宇宙の物理的基礎として一般的に理解されている標準 Read more…

Exascale Watch:El CapitanがAMD CPUとGPUを使用し、2 Exaflopsに到達

4月 10, 2020 |

John Russell HPEとその共同研究者、ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)に配置され、国家核セキュリティ管理局(NNSA)にサービスを提供する次期エクサスケールスーパーコンピューターであるEl Capi Read more…

コンピューティング対COVID-19:ホワイトハウス・イニシアティブ、Frontera、理研などなど

3月 30, 2020 |

Oliver Peckham スーパーコンピューティング、ビッグデータ、人工知能は、コロナウイルスのパンデミックとの闘いにおいて重要なツールだ。 世界中の研究者、企業、政府は、このグローバルな危機に向けてコンピューティン Read more…

サンディア国立研究所、新冷却方式で50万ガロンの水を節約

3月 26, 2020 |

Oliver Peckham スーパーコンピューターシステムの新しい冷却方法が、文字通り熱を帯びてきている。国立再生可能エネルギー研究所(NREL)のデータセンターで数百ガロンの節水が可能となった後、この「サーモサイフォ Read more…