世界のスーパーコンピュータとそれを動かす人々


ニュース記事

【京都工芸繊維大学】人工知能を用いて量子化学計算の高速化を実現!

6月 18, 2024 |

京都工芸繊維大学材料化学系 湯村尚史教授、同大学大学院工芸科学研究科物質・材料化学専攻 博士後期課程3年 福浦秀太、および会津大学コンピュータ理工学部 西舘陽平准教授は共同で、人工知能を用いて量子化学計算を用いたホスト- Read more…

【筑波大学】スーパーコンピュータPegasusが電力当たり性能で2期連続国内最高位

5月 20, 2024 |

筑波大学計算科学研究センターのスーパーコンピュータ Pegasus は、1W当たり41.12GFLOPS(1秒当たり411億2千万回の浮動小数点演算性能)を達成し、消費電力当たりの性能をランキングしたGreen500リス Read more…

【東京工業大学】スーパーコンピュータ「富岳」で学習した大規模言語モデル「Fugaku-LLM」を公開

5月 20, 2024 |

東京工業大学 学術国際情報センターの横田理央教授の研究チームと東北大学 大学院情報科学研究科の坂口慶祐准教授、富士通株式会社 人工知能研究所の白幡晃一シニアプロジェクトディレクター、理化学研究所 のMohamed Wah Read more…

【情報通信研究機構】量子コンピュータのコンパイラ高速化技術を開発

5月 20, 2024 |

国立研究開発法人情報通信研究機構は、国立研究開発法人理化学研究所、東京理科大学、東京大学と共同で、量子コンピュータに最適な量子ゲートシーケンスを確率的探索手法を用いて迅速に探索する技術の開発に初めて成功した。 &#821 Read more…

【東京大学、筑波大学】最先端共同HPC基盤施設における次期システムの名称を決定

4月 19, 2024 |

筑波大学計算科学研究センターと東京大学情報基盤センターが共同運営する、最先端共同HPC基盤施設(JCAHPC:Joint Center for Advanced High Performance Computing、施設 Read more…

【分子研】国産初「冷却原子(中性原子)方式」量子コンピュータ開発へ 産業界の10社と事業化に向けた連携を開始

2月 29, 2024 |

自然科学研究機構 分子科学研究所(愛知県岡崎市/所長 渡辺芳人)は、大森賢治教授が主導する研究グループの成果を用いた量子コンピュータ開発を目指して「事業化検討プラットフォーム」を設立した。企業や金融機関など10社の参画を Read more…

【京都大学】「富岳」で高速電波バーストの再現に成功―宇宙最大の電波爆発の起源に迫る―

2月 20, 2024 |

京都大学の岩本昌倫 基礎物理学研究所特任助教、松本洋介 千葉大学准教授、天野孝伸 東京大学准教授、星野真弘 同教授、松清修一 九州大学教授らの研究グループは、スーパーコンピュータ「富岳」を使い、高速電波バーストの再現に成 Read more…

【京都大学】スパコンで迫る宇宙最大規模の爆発現象の謎―ガンマ線バーストのマグネター仮説の検証―

2月 20, 2024 |

京都大学の木内建太 基礎物理学研究所特任准教授(兼:ドイツ・マックスプランク重力物理学研究所(Max Planck Institute for Astrophysics)グループリーダー)は、柴田大 同教授(兼:同所長) Read more…

【名古屋大学】実験・計算・AIを融合した多結晶材料情報学によるマクロからナノへの材料解析手法を構築

12月 20, 2023 |

国立大学法人東海国立大学機構 名古屋大学大学院工学研究科の宇佐美 徳隆 教授、横井 達矢 講師、情報学研究科の工藤 博章 准教授、小島 拓人研究員らは、東北大学金属材料研究所の 大野 裕 特任研究員、理化学研究所 革新知 Read more…

【東工大】日本語に強い大規模言語モデル「Swallow」を公開

12月 20, 2023 |

東京工業大学情報理工学院 情報工学系の岡崎直観教授と横田理央教授らの研究チームと国立研究開発法人 産業技術総合研究所は、日本語能力に優れた生成AIの基盤である大規模言語モデル「Swallow」を公開した。本モデルは現在公 Read more…