世界のスーパーコンピュータとそれを動かす人々


新・HPCの歩み50年

新HPCの歩み(第54回)-1975年(b)-

8月 2, 2021 |

この年、Bill GatesらによりMicrosoftへの動きが始まった。ARPANETを用いて、Stanford大学とLondon大学間で、2拠点間のTCP/IPの通信試験が行なわれた。日本でも、N-1が東大の日立機と Read more…

新HPCの歩み(第53回)-1975年(a)-

7月 26, 2021 |

電電公社の主導で、半導体メモリを用いたDIPS-11が3社で開発された。ハードウェアによるキャッシュコヒーレンシを実現した。筆者らは最小二乗法のプログラムSALSの開発を東京大学大型計算機センターのライブラリ開発の一つと Read more…

新HPCの歩み(第52回)-1974年(b)-

7月 19, 2021 |

アメリカではベクトルコンピュータSTAR-100がLLLに納入されたが、思ったほど性能は出なかった。Motorola社は8ビットマイクロプロセッサMC6800を開発した。Dongarraらは線形計算ライブラリLINPAC Read more…

新HPCの歩み(第51回)-1974年(a)-

7月 12, 2021 |

この夏、筆者は初めて海外渡航し、フランス、イギリス、イタリア、オーストリア、ドイツ、スイスを計51日間漫遊した。国際会議に出席するとともに各地の研究所を訪問し、セミナーで講演して回った。ユーレイルパスを使って列車で移動し Read more…

新HPCの歩み(第50回)-1973年(b)-

7月 5, 2021 |

ENIACに関する特許はSperry Rand社が継承していたが、これに対しHoneywell社が訴訟を起こし、一部を無効とした。Burroughs社はBSPの設計を開始した。ソヴィエト連邦では、4代目のコンピュータEl Read more…

新HPCの歩み(第49回)-1973年(a)-

6月 28, 2021 |

科研費特定研究「広域大量情報の高次処理」が3年間の計画で始まった。日本のその後の情報科学や計算科学技術に大きな影響を与えた。通産省の指導のもと、System/370に対抗して国産各社が進めた努力が実を結びつつあった。 社 Read more…

新HPCの歩み(第48回)-1972年(b)-

6月 21, 2021 |

アメリカではILLIAC IVがやっと稼動し、担当会社の一つであるTexas Instruments社は、ベクトルコンピュータASC の1号機を1972年オランダに出荷した。Seymour CrayがCray Resea Read more…

新HPCの歩み(第47回)-1972年(a)-

6月 14, 2021 |

IBMのSystem/360に対抗して通産省が力を入れた超高性能電子計算機プロジェクトで技術開発したHITAC 8800/8700が1972年8月に完成し、東工大や東大に納入された。現在も続いている「数値解析シンポジウム Read more…

新HPCの歩み(第46回)-1971年-

6月 7, 2021 |

通商産業大臣になったばかりの田中角栄はコンピュータの自由化計画を発表した。Intel社は世界初の1チップマイクロプロセッサIntel 4004を発売した。またこの年、CDC初のベクトルコンピュータSTAR-100が発表さ Read more…

新HPCの歩み(第45回)-1970年(b)-

5月 31, 2021 |

IBM社はソフトウェアのアンバンドリングを実施した。Digital Equipment社はベストセラーPDP-11を発売した。Intel社は世界最初のDRAM 1103(1024ビット)を発売した。今はなきFPS (Fl Read more…