世界のスーパーコンピュータとそれを動かす人々


3月 1, 2019

【遺伝研】遺伝研スーパーコンピュータシステム計算ノード増設 【資料締切 4/11】

HPCwire Japan

機関名

国立遺伝学研究所

件名

遺伝研スーパーコンピュータシステム計算ノード増設

調達方式

購入

借入時期

平成31年度3月以降

これまでの流れ

手続き 公示日 説明会開催日 締切日
入札      
意見招請      
資料招請 2019/3/1 2019/3/11 14:00 国立遺伝学研究所本館2階会議室 2019/4/11 17:15

 

主な仕様

  • A.本システムは80台以上の計算ノードおよびその冷却システムからなること。計算ノードはそれぞれ2基以上のCPUを搭載すること。計算ノードの半数はCPUソケットあたり8以上のメモリチャンネルを持ちCPUソケットあたり256GB以上のメモリを備えること。CPUあたり64コア以上とし倍精度浮動小数点演算ピーク性能は2,150GFLOPS以上であること。計算ノードの残り半数はCPUソケットあたり6以上のメモリチャンネルを持ちCPUソケットあたり96GB以上のメモリを備えること。CPUあたり16コア以上としCPUあたりの倍精度浮動小数点演算ピーク性能は1024GFLOPSであること。計算ノード内のすべてのCPUは x86_64の命令体系を有すること。
  • B.本システムは4基のInfiniBand 4×EDRスイッチを有すること。上記の計算ノードは既設の遺伝研スーパーコンピュータのノード間相互結合網を構成する8基のスパインスイッチに対してこの4基のリーフスイッチを介して接続すること。それぞれのスパインスイッチとそれぞれのリーフスイッチの間の理論バンド幅は100Gbps以上であること。それぞれの計算ノードは既設遺伝研スーパーコンピュータの大容量高速ストレージシステムおよび大容量アーカイブシステムをマウント可能であること。
  • C.計算ノード設置場所は遺伝研電子計算機棟 2F とする。物理セキュリティ強化のため、侵入防止設備工事の導入を検討している。

現在のシステムについて

スーパーコンピュータシステム

システム 不明
主契約者 株式会社日立製作所
契約金額 2,499,984,000円
調達方式 借入
落札日 H30/10/25
備考 借入期間:平成27年7月1日から平成32年6月30日

関連リンク

遺伝研のスーパーコンピュータ